不動産売却で良くある誤解

「不動産の査定額は不動産会社で違うから比較したほうが高く売れる」

もしかしたらあなたもどこかで聞いたことがあるかもしれません。

実はこれ、大きな間違いです。

不動産会社が出す査定価格は、査定した会社が宣伝広告等を行って3ヶ月以内に売れるだろうと予想した金額です。

つまり査定価格は売却予定価格に過ぎません
ですから、不動産会社の査定を比較すれば高く売れるとは限らないわけです。

今回の動画ではその辺りのことを解説しています。(視聴時間:1分)

とりあえず比較したいという方は、一括査定サービスが便利です↓

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

小口 秀喜【山形不動産売却研究所】所長

投稿者プロフィール

株式会社Ilove代表取締役。1976年、山形県長井市生まれ。宅地建物取引士。2男1女の父。さらに詳しいプロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産の価値は知るには、不動産会社の行う「不動産査定」と不動産鑑定士の行う「不動産鑑定」の2つの方法…
  2. もしあなたが家を売ろうかどうしようか、売るとしたらどれくらい前のタイミングで不動産業者に相談すればい…
  3. 不動産を売りたいという場合、たまたま友人や親せきなどが買い手候補になるようなケースを除いては不動産業…
  4. 家を買う時だけでなく、家を売るときにもお金がかかります。 たとえば不動産会社に支払う、仲介手数料な…
  5. 「不動産の査定額は不動産会社で違うから比較したほうが高く売れる」 もしかしたらあなたもどこかで聞い…
  6. 「空き家」を取り上げたニュースや新聞、雑誌を見る機会は多くなってきました。管理されていない空き家がさ…
ページ上部へ戻る