不動産会社の報酬(仲介手数料)はいつ支払うべきか?

imarizazen0i9a7332_tp_v

売買契約を手伝ってくれた不動産会社に対して支払う報酬を媒介報酬(仲介手数料)といいます。

この仲介手数料。不動産会社に対して、いつ支払うのが良いのでしょうか?

あくまでもケースバイケースですが、一般的には売買契約締結時に約定報酬額の50%相当額、決済・引渡し時に残りの50%相当額を支払うことが多いです。

なお、契約時半金、決済時に残金を受領するように、と不動産業者は行政庁から指導を受けています。
ちなみに仲介手数料の支払い時期については、不動産会社との媒介契約であらかじめ定めます。(視聴時間:1分)

空白

空白

小口 秀喜【山形不動産売却研究所】所長

投稿者プロフィール

株式会社Ilove代表取締役。1976年、山形県長井市生まれ。宅地建物取引士。1男1女の父。さらに詳しいプロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 家を買う時だけでなく、家を売るときにもお金がかかります。 たとえば不動産会社に支払う、仲介手数料な…
  2. 「不動産の査定額は不動産会社で違うから比較したほうが高く売れる」 もしかしたらあなたもどこかで聞い…
  3. こんにちは。税理士の林です。 今回の記事は「店舗付き住宅でも3,000万円の特別控除を受けられ…
  4. こんにちは。税理士の林です。 マイホームやその敷地などを売却した場合、最高3000万円を売却益…
  5. 大切な我が家を売らなければならなくなる事情は人それぞれ異なり、どのような状態で売りに出すかも人それぞ…
  6. 山形の土地を東京から売却する場合など、通常不動産売却は現地で手続きをしなければならないことも多くあり…
ページ上部へ戻る