カテゴリー:実家の売却

  • 司法書士を活用して遠方の不動産売却をスムーズに進める方法

    山形の土地を東京から売却する場合など、通常不動産売却は現地で手続きをしなければならないことも多くありますが、司法書士をうまく活用すればそれらの手間を減らすことができます。 一般的な不動産売却の手続きの流れ ま…
  • 解体してから売ったほうが良い?古い家屋つきの土地

    平成時代も30年が過ぎたいま、「建築時期が昭和」という住宅はかなり古い建物と思われてしまうでしょう。築年数だけで考えると解体して更地にしてから売ればいいような感じもしますが、そのまま「古家付き土地」として売り出すこともで…
  • 実家を売ったら税金が発生する!?どのくらいかかるのか?

    不動産を売った場合、その売却代金は「不動産譲渡所得」として課税対象にされることがあります。 この章では、不動産譲渡所得の基本的な仕組みと特例による減税措置について解説します。 不動産譲渡所得とは? …
  • 山形にある不動産を遠方から1回も現地に行かず売却できるか?

    山形にあるご実家の不動産を相続したものの、活用できておらず、売却しようにもその時間が作れない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、不動産の活用方法の一つとして売却を検討されている方に、遠方から不動…
  • 空き家になった実家を「とりあえず相続」してしまったあなたへ

    「空き家」を取り上げたニュースや新聞、雑誌を見る機会は多くなってきました。管理されていない空き家がさまざまな問題を起こすと社会的にも深刻となっています。とはいえ、なんとなく他人事のように思っている人もいるのではないでしょ…
  • 実家の売却を親から頼まれたら・・・

    「この家を売って、あなたの近くで暮らそうと思ってるんだけど、段取りお願いできるかしら。全部あなたに任せるから…」 もしあなたが、実家に一人で暮らしている母親から、こんなふうに言われたらどうしますか? そもそも、本人に…
  • 亡くなった親名義のままになっている実家を売却したい

    「母さんが亡くなって誰も住まなくなった実家。売りたいけど、母さん名義のままなんだよな…」 と、考えている、あなた。 安心してください。 不動産の所有者が亡くなってからすぐに相続登記の手続きを行っていない場合でも、売却…

ピックアップ記事

  1. 山形の土地を東京から売却する場合など、通常不動産売却は現地で手続きをしなければならないことも多くあり…
  2. 平成時代も30年が過ぎたいま、「建築時期が昭和」という住宅はかなり古い建物と思われてしまうでしょう。…
  3. 不動産を売った場合、その売却代金は「不動産譲渡所得」として課税対象にされることがあります。 こ…
  4. 山形にあるご実家の不動産を相続したものの、活用できておらず、売却しようにもその時間が作れない、という…
  5. 「空き家」を取り上げたニュースや新聞、雑誌を見る機会は多くなってきました。管理されていない空き家がさ…
  6. マイホームはとても高い買い物ですから、購入にあたっては住宅ローンを利用する人が多いですね。 ロ…
ページ上部へ戻る