媒介契約

所有している不動産を一般の個人が不動産業者を通して売却する場合、「不動産売買契約」と「媒介契約」の2つの契約を結ぶことになります。
「不動産売買契約」は、売主と買主とのあいだで交わす契約で、「媒介契約」は、売主(または買主)と不動産業者のあいだで交わす契約です。(下の図、参照)
契約の関係図
媒介契約は双方の合意があれば口頭でも成立しますが、トラブル防止のために書面で契約書を交わすように定められています。
媒介契約後、不動産業者は仲介業務に取り掛かります。

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。

それぞれの契約で「権利・義務」に違いがありますが、不動産業者が受け取る報酬額(仲介手数料)は、媒介契約ごとの違いはありません。

申込はこちらバナー

匿名でのお問合せに対する回答・無料相談は行っておりません。 お名前・電話番号をお願いいたします。

匿名でのお問合せに対する回答・無料相談は行っておりません。お名前・ご住所・電話番号をお願いします。

小口 秀喜【山形不動産売却研究所】所長

投稿者プロフィール

株式会社Ilove代表取締役。1976年、山形県長井市生まれ。宅地建物取引士。1男1女の父。さらに詳しいプロフィール

この著者の最新の記事

関連記事

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ピックアップ記事

  1. 平成時代も30年が過ぎたいま、「建築時期が昭和」という住宅はかなり古い建物と思われてしまうでしょう。…
  2. 不動産を売った場合、その売却代金は「不動産譲渡所得」として課税対象にされることがあります。 こ…
  3. 山形にあるご実家の不動産を相続したものの、活用できておらず、売却しようにもその時間が作れない、という…
  4. 「空き家」を取り上げたニュースや新聞、雑誌を見る機会は多くなってきました。管理されていない空き家がさ…
  5. マイホームはとても高い買い物ですから、購入にあたっては住宅ローンを利用する人が多いですね。 ロ…
  6. 認知症にかかった人が行った不動産売買契約についての裁判では、本人の意思能力を認めた事例と認めなかった…
ページ上部へ戻る