カテゴリー:その他

  • 住宅ローンの残債があっても家を売る方法

    マイホームはとても高い買い物ですから、購入にあたっては住宅ローンを利用する人が多いですね。 ローンを完済していれば問題ないのですが、完済前に家を売らなければならない事情ができてしまった場合、そのままでは売ることがで…
  • 認知症でも不動産売買が有効と認められた事例

    認知症にかかった人が行った不動産売買契約についての裁判では、本人の意思能力を認めた事例と認めなかった事例とがあり、裁判所でも判断が分かれています。 つまり「ケースバイケース」というわけです。 ただし、その判断のポイン…
  • 認知症になっていても不動産を売却できるか?

    不動産取引の基本ルールとしては、自分の行為の結果を判断できる能力(意思能力)が無い人が行った売買契約は無効となります。 ということは、不動産の所有者本人が認知症になった場合は、売買契約は無効になってしまうのでしょうか?…
  • 認知症の親が持っている土地を売りたい

    たとえ認知症で意思がはっきりしない状態であっても、親名義の不動産を所有者ではないあなたが売ることは、基本的には出来ません。 例外として、成年後見人をつけて家庭裁判所の許可を得たのち不動産を売却する、という方法もあります…
  • 土地を売りたいけど古い家が残っている場合

    「誰も住まなくなった実家。売りたいけど古い家が残ってるんだよな…」 と、考えている、あなた。 安心してください。 古くて人が住めなくなった家でも、「古家つきの土地」として売りに出すことが出来ます。解体工事の費用もかか…
  • 家を売りに出すだけなら費用はほとんどかかりません

    家を買う時だけでなく、家を売るときにもお金がかかります。 たとえば不動産会社に支払う、仲介手数料などです。ただし仲介手数料は、売買契約が成立した時点でかかるお金ですので、家を売りに出す段階では支払う必要はありま…
  • 悪質な不動産業者から身を守るための手引書

    「もっと早くこれを知っておけば騙されずに済んだのに…」 不動産のトラブル相談に来られた方にこの本を見せると、みなさんこう言います。 今回の動画では、トラブルに巻き込まれる前にぜひ手に入れていただきたい本をご紹…
  • 家を買い換える正しい順番

    「この家を売って別のところに引っ越そうかな?この物件なんか、ちょうど良さそうだし」 不動産のチラシを見ていて、こんなふうに思ったことはありませんか? よく言われるように不動産はナマモノですから、良い物件を見つ…

ピックアップ記事

  1. 山形の土地を東京から売却する場合など、通常不動産売却は現地で手続きをしなければならないことも多くあり…
  2. 平成時代も30年が過ぎたいま、「建築時期が昭和」という住宅はかなり古い建物と思われてしまうでしょう。…
  3. 不動産を売った場合、その売却代金は「不動産譲渡所得」として課税対象にされることがあります。 こ…
  4. 山形にあるご実家の不動産を相続したものの、活用できておらず、売却しようにもその時間が作れない、という…
  5. 「空き家」を取り上げたニュースや新聞、雑誌を見る機会は多くなってきました。管理されていない空き家がさ…
  6. マイホームはとても高い買い物ですから、購入にあたっては住宅ローンを利用する人が多いですね。 ロ…
ページ上部へ戻る