山形市不動産売却・無料相談・24時間365日受付中
知らなきゃソン! > その他 > 認知症でも不動産売買が有効と認められた事例

認知症でも不動産売買が有効と認められた事例

a0002_001259_m

認知症にかかった人が行った不動産売買契約についての裁判では、本人の意思能力を認めた事例と認めなかった事例とがあり、裁判所でも判断が分かれています。

つまり「ケースバイケース」というわけです。

ただし、その判断のポイントとしては、その不動産の取引が合理的であるかどうかということが重視されています。

不動産売買の契約書に署名捺印したとしても、その不動産を売ることで自分の居住先が無くなってしまうような非合理的な契約の場合は取引の効力を否定している判例があります。

今回の動画ではそのあたりのことを話しています。(視聴時間:約3分半)

空白

空白

関連記事

  1. 認知症になっていても不動産を売却できるか?
  2. 認知症の親が持っている土地を売りたい
  3. 実家の売却を親から頼まれたら・・・
  4. 亡くなった親名義のままになっている実家を売却したい
  5. 土地を売りたいけど古い家が残っている場合
  6. 家を売りに出すだけなら費用はほとんどかかりません
  7. 悪質な不動産業者から身を守るための手引書
  8. 家を買い換える正しい順番