山形市不動産売却・無料相談・24時間365日受付中
知らなきゃソン! > 価格査定 > 買取か仲介か 価格査定の大きな違い

買取か仲介か 価格査定の大きな違い

green_i20140125_tp_v

不動産の売却査定には、買取と仲介の2種類があります。

・買取査定=査定業者が不動産を直接買い取る場合の金額
・仲介査定=査定業者は買い取らない。第三者に不動産を売った場合の適正価格を算出

一般的に買取査定は、業者が不動産を買い取った後に再販することが目的ですので、相場よりも低い金額を提示される可能性が高いです。しかし、業者はすぐにお金を払ってくれます。
不動産を急いで換金したいという人に適しています。

反対に仲介査定のほうが査定額は高くなりますが、この金額で必ず売れるという保証はなく、提示された査定額で売れるかどうかは、査定した不動産業者の力量次第です。

以下の動画で解説しています。(視聴時間:1分半)

空白

空白

関連記事

  1. 不動産売却で良くある誤解
  2. 複数の不動産会社に売却相談をする最大のデメリット
  3. 査定価格が高いという理由だけで不動産会社を選んではいけない理由
  4. 不動産一括査定を利用する 最大にして唯一のメリット
  5. 不動産屋の価格査定書と不動産鑑定評価書は別もの
  6. 不動産屋は何を根拠に査定額を算出しているのか
  7. 中古車査定と不動産査定 これら2つの決定的な違い
  8. 山形市内の土地ならこの金額を目安にすれば大丈夫
  9. 築20年以上の建物に価値はないというのは本当か?