山形市不動産売却・無料相談・24時間365日受付中
知らなきゃソン! > 価格査定 > 築20年以上の建物に価値はないというのは本当か?

築20年以上の建物に価値はないというのは本当か?

ook161104408_tp_v

「木造住宅は築20年を過ぎると価値がゼロになる」

こんな話をあなたも聞いたことがあるかもしれません。
これは本当でしょうか?

まだ十分住むことができる建物でも価値がなくなるのでしょうか?

答えは、、、
「ゼロ」にはなりません。

一戸建ての売却価格の査定においては、築年数も重要ですが、建物の状態の良し悪しがとても大事です。

その辺りのことを動画で解説しています。(視聴時間:2分)

空白

空白

関連記事

  1. 不動産売却で良くある誤解
  2. 複数の不動産会社に売却相談をする最大のデメリット
  3. 査定価格が高いという理由だけで不動産会社を選んではいけない理由
  4. 不動産一括査定を利用する 最大にして唯一のメリット
  5. 不動産屋の価格査定書と不動産鑑定評価書は別もの
  6. 不動産屋は何を根拠に査定額を算出しているのか
  7. 買取か仲介か 価格査定の大きな違い
  8. 中古車査定と不動産査定 これら2つの決定的な違い
  9. 山形市内の土地ならこの金額を目安にすれば大丈夫